病気の話(56 件)
上のカテゴリへ
並び替え|タイトル|日時 |ヒット数|現在の並び: 日時 (新→旧)
1 - 10 件目 ( 56 件中)   前 1 2 3 4 5 6

ノドの検査

ノドの検査9月17日(日)は、動物慰霊祭及び学会参加の為、終日休診となりますので、ご注意ください。 今日は全身麻酔をかけてのノドのデキモノの検査でした。今回の子は18歳5か月と高齢の猫ちゃんです。高齢の猫ちゃんの場合、ノドにガンができることがあるため、全身麻酔をかけて、ノドの奥をしっかり肉眼で確認して、また、内視鏡(胃カメラ)を入れてノドのチェック及び鼻の奥...

詳細を見る!→

尿管結石

尿管結石9月17日(日)は終日休診となります。この茶色の物体、猫ちゃんの尿管(腎臓と膀胱を繋ぐ管)に詰まってしまったシュウ酸カルシウム結石です。大きさはせいぜい2mmちょっと。爪楊枝の先と変わらないくらいの大きさですが、このくらいの結石でも、猫ちゃんの場合は尿管に詰まってしまい、尿管閉塞という尿が出なくなってしまう重篤な状態に陥ります(ペニス先端に砂や結石が詰...

詳細を見る!→

またまた環軸亜脱臼

またまた環軸亜脱臼7月16日(日)午後、7月23日(日)午後はともに休診(午前は診察)となります。また、7月30日(日)および8月26日(土)・30日(水)は終日休診となります。臨時休診が多くなり、ご不便をおかけしますが、ご了承ください。 以前、環軸椎亜脱臼(環軸椎不安定症)についてこちらに投稿しましたが(http://suruga-doubutsu-ah.com/modules/blog/index.php?lid=165&cid=2)、今回は1歳ほど、体重1.6kgのポメラニアン...

詳細を見る!→

橈尺骨(とうしゃくこつ)骨折

橈尺骨(とうしゃくこつ)骨折6月29日(木)、7月30日(日)は終日休診となります。また7月16日(日)午後、7月23日(日)午後休診(午前は診察)となります。7月は日曜日の臨時休診が多くなり、ご不便をおかけしますが、ご了承ください。 画像は橈尺骨骨折という、肘から手首にかけての骨を折ってしまったワンちゃんのレントゲン写真です。トイプードルやポメラニアンなどの小型犬によくみられます。着地時のバ...

詳細を見る!→

環軸椎亜脱臼(環軸椎不安定症)

環軸椎亜脱臼(環軸椎不安定症)生後5か月のトイプードルちゃん、自力では立てず、物に寄りかかればかろうじて立ち上がれる位の状態でした。環椎軸椎不安定症や環軸椎亜脱臼と言われる、小型犬に時折みられる骨・関節の異常が原因です。首の1番上の骨(環椎・かんつい)と2番目の骨(軸椎・じくつい)の間が不安定になり、その影響で脊髄という背骨の中を通る太い神経に影響が出て、痛みが出たり、時には...

詳細を見る!→

様々な膀胱結石

様々な膀胱結石急なお知らせになりますが、スタッフ研修のため今週14日(日)は午後休診となります。ご了承ください。 どういうわけか、ここ最近膀胱結石の子が続きました。食事で結石を溶かす治療を行った子、食事に加え抗生剤を使用した子、手術で膀胱結石を摘出した子など、結石とその子の状態により治療が異なります。また結石ができる原因によっても治療が異なります。 生...

詳細を見る!→

フィラリア感染

フィラリア感染4月11日(火)の午前中は休診となりますので、ご注意ください。午後は通常通りの診察となります。 現在春のフィラリア検査を受け付けています。今年もすでにフィラリアに感染しているワンちゃんが出ています。無症状の子ですが、血液検査でフィラリア感染を確認、心臓の超音波検査で肺動脈という大きい血管にフィラリアが確認できました。予防すればしっかりと防げる...

詳細を見る!→

膀胱洗浄

膀胱洗浄今週日曜は休診となりますので、ご注意ください ワンちゃん・猫ちゃん・うさぎちゃんでは膀胱結石が頻繁に見られます。食事で溶けるタイプの結石(ストルバイト結石)ならまだいいのですが、食事で溶けないタイプの結石が最近は多くなっています。結石の再発・悪化を防ぐことために膀胱洗浄という方法をとることがあります。尿道から細い管を入れて、膀胱内の尿を抜...

詳細を見る!→

胃捻転(2)

胃捻転(2)明日から3月ですね。3月12日(日)はセミナー参加のため、休診となりますのでご注意下さい。今日退院したシェパードちゃん、またまた胃捻転でした。症状が出てからすぐに来院してくれましたが、胃のダメージを示す乳酸値が高め、体液も酸性に傾いていました。あまりいい傾向ではありません。実際、手術時には胃の色も悪くなっていましたが、順調に改善しました。早く来...

詳細を見る!→

鼻の穴 ~短頭種気道症候群~

鼻の穴 ~短頭種気道症候群~鼻の形はとっても重要です。写真1枚目は、通常の猫ちゃんの鼻ですが、鼻の穴はこんな形状・大きさです。(大きさはわかりにくいですよね・・・)写真2枚目の猫ちゃんの鼻の穴は非常に狭くなっています。鼻の穴の大きさは生まれつきの問題で、とくに短頭種に見られますが、鼻の穴が狭いと呼吸がしづらくなります。試しに自分の鼻を洗濯ばさみででもつまんで、鼻の穴の...

詳細を見る!→

1 - 10 件目 ( 56 件中)   前 1 2 3 4 5 6