~ワンちゃん・猫ちゃんに多い歯周病~

2019/11/7 17:48 投稿者:  suruga-ah

~ワンちゃん・猫ちゃんに多い歯周病~

人間の虫歯は歯が溶けてしまいますが、

ワンちゃん・猫ちゃんに多い歯周病は、

歯ではなく顎の骨が溶けてしまう病気です。

歯の周りに歯石がびっしりこびりつき、

それが周囲の歯肉・顎の骨を溶かします。

顎の骨の融解がひどいと、抜歯するしかなくなります。

見えている所だけでなく、

写真の歯のように歯の根元に歯石がびっちりついてしまうこともよくある事です。

こうなると、全身麻酔で歯の処置をするしかなくなります。

 

歯の根元・顎の骨の状態は外から見えないので、

歯科用レントゲンで確認する必要があります。

歯ブラシでの歯磨きができたら理想ですが、

なかなか難しい・・・。

歯磨き程の効果はありませんが、サプリメントなどでもやらないよりは効果的です。

歯のケアは大切ですね。

 

12月1日(日)・15日(日)は臨時休診、12月4日(水)は午後6時までの診察となりますので、ご注意下さい。

 

https://www.facebook.com/surugaanimalhospital/posts/2283584885086653

病気の話 )
抜歯した歯。僅かに白い部分が歯の表面ですが、あとは殆どが歯石に覆われており、歯の根元の方まで黒い歯石がびっしりです。
抜歯した歯。僅かに白い部分が歯の表面ですが、あとは殆どが歯石に覆われており、歯の根元の方まで黒い歯石がびっしりです。
若いワンちゃんの歯・顎の骨のレントゲン画像。レントゲン撮影をすることにより、歯の根元・顎の状態がしっかり確認できます。ただし詳細な歯・顎のレントゲン検査は全身麻酔が必要になります。
若いワンちゃんの歯・顎の骨のレントゲン画像。レントゲン撮影をすることにより、歯の根元・顎の状態がしっかり確認できます。ただし詳細な歯・顎のレントゲン検査は全身麻酔が必要になります。