様々な膀胱結石
2017/5/8 1:23

急なお知らせになりますが、

スタッフ研修のため今週14日(日)は午後休診となります。

ご了承ください。

 

どういうわけか、ここ最近膀胱結石の子が続きました。

食事で結石を溶かす治療を行った子、

食事に加え抗生剤を使用した子、

手術で膀胱結石を摘出した子など、

結石とその子の状態により治療が異なります。

また結石ができる原因によっても治療が異なります。

 

生後5か月で2cm弱の結石ができたトイプードルちゃんは、

膀胱憩室が結石の原因と思われましたので、

膀胱結石の摘出と同時に膀胱の部分的な切除を行いました。

 

結石は血液検査ではまずわかりません。

画像検査が診断には有効です。

尿検査も補助的検査として有効です。

簡易的な尿検査だけなら、自宅で尿を取ってきてもらい、

検査することも可能ですので、

動物への負担は全くありません。

尿検査を最近行っていない子は、

一度検査しておくことをお薦めします。

 

結石の写真はこちらもどうぞ

https://www.facebook.com/surugaanimalhospital/posts/1166944286750724

シスチンという種類の結晶です
シスチンという種類の結晶です
わかりにくい写真ですが、膀胱憩室ができています(黄色の〇の中)
わかりにくい写真ですが、膀胱憩室ができています(黄色の〇の中)
写真が少しぼけていますが、シリカという種類の結石です
写真が少しぼけていますが、シリカという種類の結石です
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 58  件):     1 ..  5  6  7  8  9  10  11  .. 58