尿道鏡検査 ~尿道結石・尿道閉塞~
2019/3/6 1:17

3月24日(日)は臨時休診となります。

また4月21日(日)は午前9時30分~午前11時までの診察のみ、

5月14日(火)は午後の診察のみ(午前休診)となりますのでご注意ください。

 

動物の膀胱結石、決して珍しい病気ではないのですが、

この結石が膀胱から流れ出て、

尿の通り道である尿道に詰まってしまい、

尿が出にくくなってしまうことがあります。

とくにオスの猫ちゃんに多く、

オスのワンちゃんにもちょこちょこ見られます。

尿道が細い男の子に多いのですが、

今回は女の子のワンちゃんが尿道結石・尿道閉塞で、

市内の他の動物病院さんからのご紹介で来院。

メスのワンちゃんというのはかなり珍しいケースです。

 

2cm以上の非常に大きな結石が尿道の出口に詰まっており、

会陰切開といって外陰部とお尻の間を切開して

尿道結石を摘出しないとならないかな、と考えていましたが、

外陰部から挿入した内視鏡でうまく尿道結石の破砕・回収に成功、

会陰切開をしなくても済みました。

(膀胱の結石はお腹・膀胱を開けて摘出)

 

この結石、できる原因としてはいろいろありますが、

膀胱の感染症・食事・肥満などが一般的な原因とされています。

今回はワンちゃん、キャバリアの女の子で、

キャバリアらしくとーっても穏やかで優しい性格ですが、

かなり丸っこい体型で・・・(ladyに対して失礼ですね(^-^;)

これから食事管理を頑張らないといけません。

それにしてもこの2cmの結石が尿道に詰まるというのは

激痛な気がするのですが、この子はずーっと穏やかでした。

明日退院予定です、よく頑張ってくれました。

動画はこちらから

https://www.facebook.com/surugaanimalhospital/posts/1881132685331877

レントゲン画像
レントゲン画像
摘出した膀胱結石
摘出した膀胱結石
結石が詰まっていた尿道の炎症
結石が詰まっていた尿道の炎症
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 67  件):   前  1  2  3  4  5  6  7  .. 67