子宮蓄膿症という病気
2013/5/13 20:53
6月30日(日)はスタッフが研修で不在のため、休診とさせて頂きます。

ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

 

今回は子宮蓄膿症という病気についてです。

病名の通り、

子宮の中に膿が貯まってしまう(蓄膿)病気で、

治療をしないと生命に関わる、重大な病気です。

猫ちゃんでもみられますが、圧倒的にワンちゃんに多い病気で,

また時期も関係があり、

発情の出血があった後、1~2か月後に発生することが多い病気です。

ですので、今の時期は比較的この病気が多くなりますが、

必ずしも発情出血の後だけに発生するわけではありません。

 

発情の後、偽妊娠をするワンちゃんが時折います。

この場合、妊娠はしていないのに、

妊娠した時と同じように卵巣に黄体というものができ、

その黄体からのホルモンの影響で、

あたかも妊娠しているかのように乳腺が腫れて、

またミルクが出ることもあります。

その偽妊娠の時期になると、

子宮の中の抵抗力が落ちるため、

外陰部からの細菌感染を起こしやすくなります。

それが悪化すると、子宮の中で重度の細菌感染が起き、

その結果膿が貯まって子宮蓄膿症という病気になります。

避妊手術をしていないワンちゃんで、 

7~8歳を過ぎると発生率が増加します。

 

治療は

①手術(卵巣と膿の貯まった子宮を摘出します)、

②ホルモン剤での治療、

③抗生剤での治療、

などがありますが、

③の抗生剤での治療はほとんどの場合うまくいきません。

まれに改善したとしてもすぐに再発してしまうことが殆どです。

また②のホルモン剤の治療の場合、一時的には改善することが多いのですが、

やはり再発の可能性が十分あります。

これは子宮の感染だけがこの病気の原因ではなく、

ホルモンの乱れが関係しているためです。

このホルモンというのは卵巣から出るホルモン(とくに黄体から出るホルモン)です。

つまり子宮が一度改善しても卵巣からのホルモンの問題で、

また子宮にトラブルが起きてしまうことになります。

ですので、

卵巣と膿の貯留した子宮を摘出すること①の手術が望ましく、

手術が無事終われば再発は無くなります。

 

 

この子宮蓄膿症では、わかりやすい症状として外陰部から膿が出る場合があります。

下の写真のように外陰部から膿が出ている場合は、

ほとんどの場合がこの子宮蓄膿症と言う病気です。

 

その他には、

水をたくさん飲んでおしっこをたくさんする(多飲多尿)場合や、

元気がなくなる、下痢や嘔吐、食欲不振などの症状

が出ることもあります。

 

下の写真は5歳のトイ・プードルの子の手術中の写真です。

食欲が1週間ほどないとのことで検査したところ、子宮蓄膿症でした。

翌日に手術をして、2泊入院して元気に退院しましたが、

この子の場合、体重2.6kgなのに、摘出した子宮の重さは200g。

体の8%ほど、60kgの人間だと5kgほどの重さの子宮が体の中に入っていたことになります。


 
 
こちらは14歳のヨーキーちゃんです。
 
この子も1週間ほど食欲がなく、下痢をしているとのことでした。
 
検査結果から子宮蓄膿症と判断、高齢でしたが、
 
手術で治療することに同意して頂けましたので、
 
点滴・抗生剤などの治療をして
 
翌日手術を行い、術後3泊の入院で退院しました。
 
 
摘出した子宮の様子です。
 
上のトイプードルの子と異なり、子宮がボコボコとした様子です。
 
 
 
卵巣には卵巣嚢腫ができていました(青い○)

 
 
子宮蓄膿症は避妊手術をすれば防げる病気です。
 
また若いうちに避妊手術を行うと、
 
乳腺のデキモノの発生もかなりの確率で抑えることができます。
 
出産の予定がない場合は、若いうちに避妊手術をオススメします。
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 54  件):     1 ..  48  49  50  51  52  53  54  次