駿河どうぶつの病院のあれこれ(現在、 188 件登録されています!)

疾患 (0)
病気の話 (63)
臨時休診 (20)
犬種別 (1)
あれこれ (60)
並び替え|タイトル|日時 |ヒット数|現在の並び: 日時 (新→旧)
1 - 10 件目 ( 188 件中)   前 1 2 3 4 5 6 7 ... 19

里親さん大募集~

里親さん大募集~7月22日(日)は臨時休診となります。また、お盆期間中(8月10日~15日)は午前のみの診察となります(月曜日は休診)急患の方はお電話でご連絡下さい。 里親さん募集のお知らせです。とーっても懐っこい野良ちゃんです。生後半年ほど。性格もルックスも抜群な男の子です。(兄弟の女の子もいるのですが、この子も性格良しの器量良し。写真を取り忘れました・・・) 会社の...

詳細を見る!→

猫ちゃんの難治性口内炎 ~抜歯治療~

猫ちゃんの難治性口内炎 ~抜歯治療~もうすぐ6月も終わりですが、今月は歯の処置が続きました。とくに猫ちゃんの難治性歯肉口内炎といわれる、歯茎が真っ赤になって痛くて食事を取れなくなってしまう子に対する抜歯処置が続きました。 この難治性歯肉口内炎、基本的には抜歯をしないと治りません。ステロイド剤の注射が効果的なのですが、あくまで注射を打った時や飲み薬を飲んでいるときは炎症が抑...

詳細を見る!→

里親さん大募集~

里親さん大募集~14日(木)は臨時休診となりますので、ご了承ください。 写真の猫ちゃん、現在里親さんを募集中です。ノミ駆除済み・現在結膜炎の治療中ですが、元気な男の子 キジトラ柄です。当院で保護しているわけではありませんので、直接来院されましても面会はできませんが、ご興味のある方はまずご連絡下さい。

詳細を見る!→

形成外科~外陰部形成不全・尿膣症~

形成外科~外陰部形成不全・尿膣症~5月23日(水)・6月14日(木)は臨時休診になりますので、ご注意ください。 今日は形成外科の話。写真1枚目は、大型犬の女の子で時々見られる外陰部形成不全(外陰部低形成)というものです。小型犬でも起きることはありますが、ほとんどは大型犬です。外陰部が皮膚のしわの奥に隠れてしまう状態です。 写真2枚目は正常なワンちゃんの外陰部。写真1枚目と比べると、外陰...

詳細を見る!→

チンチラ14歳

チンチラ14歳5月3日(木)から6日(日)は午前のみの診察です、ご注意下さい。ゴールデンウィークは物流が止まってしまいますので、継続したフード・お薬が必要な方は、お早めにご連絡下さい。 当院のレアキャラ、チンチラちゃん14歳。フレッシュなものは苦手、好物はパスタ・ラムネなどの乾物です(渋い)抱っこは大嫌いで本来ならオシッコを飛ばして攻撃してきますが(^^;)、パスタがあ...

詳細を見る!→

5円玉

5円玉今週は火曜の夜に心肺蘇生法のセミナー、水曜夜は膝の靭帯のセミナー、木曜夜は静岡市夜間救急動物病院の補助、今日は19時から東京でトイプードルの皮膚病セミナー、と夜に大忙しの1週間でした。 気づけばいつの間にやら4月1日、今週から日曜・祝日の午後は休診とさせて頂くことになりますので、ご了承ください。急患の方はお電話でご連絡下さい。 2018年度最初...

詳細を見る!→

フィラリア検査・健康診断

フィラリア検査・健康診断セミナー参加の為、3月27日(火)は午前のみの診察、午後は休診とさせて頂きます。 4月1日(日)からは、日曜午後・祝日午後を休診とさせて頂きます。急患の方はお電話でご連絡下さい。午前は今まで通りの診察になります。 春のフィラリア検査・健康診断(血液検査)を現在受付中です。4月入ると混雑することが予想されますので、お時間のある方は3月中に(といってももう...

詳細を見る!→

リンパ管拡張症

リンパ管拡張症3月27日(火)の午後は休診とさせて頂きます。4月1日(日)からは、日曜・祝日の午後は休診とさせて頂きますので、ご了承下さい。 写真のフレンチブルの女の子、5歳ちょっとの子ですが、リンパ管拡張症・蛋白漏出性腸症という腸の病気により下痢が続いて、アルブミンというタンパク質が少なくなってしまう状態でした。体重も健康時の2/3位まで落ちてしまいました。薬での...

詳細を見る!→

うちの子シリーズ

うちの子シリーズ3月11日(日)は臨時休診とさせて頂きます。また、4月から日曜・祝日の午後は休診とさせて頂きます 一昨日は2月22日でにゃーにゃーにゃー、猫の日でした。先日こちらでも画像を載せた白いにゃんこ、3年ほど前に保護してから当院で暮らしているニャンコです。なかなかフォトジェニックな見た目ですし、体も大きくこんな感じなんですが(^-^;、気に入らないことがあれば怒...

詳細を見る!→

僧帽弁閉鎖不全症の手術

僧帽弁閉鎖不全症の手術写真のワンちゃん、僧帽弁閉鎖不全症というワンちゃんに多い心臓疾患のため、手術での治療となりました。心臓を止めてその間は人工心肺で維持し、心臓を開けて僧帽弁閉鎖不全症を治す手術です。横浜の専門的な動物病院で心臓の手術を受け、本日退院!!!静岡に戻ってきました(^^ 先日こちらでご案内した同じく僧帽弁閉鎖不全症で手術となったマルチーズの子も非常に...

詳細を見る!→

1 - 10 件目 ( 188 件中)   前 1 2 3 4 5 6 7 ... 19