医療機器

2012/5/10 16:01 投稿者:  yhonda
  • レントゲン装置

    一般的なレントゲン撮影を行います

  • CR装置

    モニター上にてレントゲン画像の確認を行えます

  • 血液検査機器類

    血液で内臓の異常や炎症反応などを調べます。また顕微鏡で直接血液の中の細胞の形も確認します

  • 血液ガス分析装置

    血液のpHや呼吸状態の把握に役立ちます。重症動物では必須の検査です

  • 心電図

    不整脈の検出や心臓疾患の子で主に検査を行います。無麻酔で痛みもなく検査を行うことができます

  • 眼圧計

    眼球内部の圧力を調べます。緑内障の診断には必須です

  • 歯科器具

    歯石除去・抜歯・歯周外科に活用します

  • 歯科用レントゲン

    歯の根元を詳細に観察することが出来ます

  • 血圧計

    腎臓や心臓が悪い場合、血圧に異常が出ることがありますので、検査を行います

  • 超音波診断装置

    内臓の内部の様子や心臓の動きなどをチェックします。脳や眼の異常にも利用できます

  • 生体情報モニター

    全身麻酔・重症動物のケアに必須な生体情報モニターです。心拍数・呼吸回数・換気量・酸素飽和度・二酸化炭素濃度・体温・血圧(観血的血圧も2本同時測定可能)などの測定ができます。

  • 麻酔器

    より安全に全身麻酔をかけられるように、全身麻酔中は必ず心拍や酸素濃度などを測定しています

  • インキュベーター

    点滴の薬剤類を加温しておきます

  •   
  • 消化管内視鏡

    いわゆる胃カメラです。食道・胃・小腸の内側の観察ができます。お腹を切らずに飲み込んでしまった異物も摘出できます。

  • ジャクソンリース回路

    麻酔器と動物を繋ぐ回路ですが、この回路を用いることにより小型の動物でもより安全に麻酔を行うために使用します

  • シリンジポンプ

    少量の点滴や薬剤投与に使用します。手術中にも重宝します

  • 輸液ポンプ

    一般的な点滴治療に使用します

院内で可能な検査                                                  

 
画像検査   :一般レントゲン検査、歯科レントゲン検査、超音波検査、消化管・鼻咽頭内視鏡検査、耳道内視鏡検査
血液検査   :一般血液検査、血液ガス測定、猫エイズ・白血病ウイルス検査、乳酸値測定、甲状腺ホルモン、コルチゾール測定など
循環器検査:血圧測定、心電図検査
その他:細胞診検査、糞便検査、尿検査、耳鏡検査、各種眼科検査(眼圧測定・涙液量測定など)

 

特殊なホルモン検査などは血液を採取して、外部の検査センターへ検査を依頼します。

 

 

 

その他検査について                                               

CT検査・MRI検査

現在当院では実施できません。

それら検査が必要と判断した場合には、

CT検査・MRI検査が可能な施設をご紹介いたします。

ABOUT )
新しい超音波検査機器です。心臓の動きの把握や内臓の検査に主に使いますが、最近では肺の状態把握や靱帯などの整形外科分野でも使用頻度が増えています。
新しい超音波検査機器です。心臓の動きの把握や内臓の検査に主に使いますが、最近では肺の状態把握や靱帯などの整形外科分野でも使用頻度が増えています。
消化管内視鏡(胃カメラ)。小さな猫ちゃんから大きなワンちゃんまで対応できるよう、細いカメラから太いカメラまで合計7本、カメラを用意しています。NBIシステムという特殊な光により、一般的な胃カメラよりも胃がんや食道がんの早期発見にも役立ちます。異物の摘出や鼻の中の確認などにも使用します。
消化管内視鏡(胃カメラ)。小さな猫ちゃんから大きなワンちゃんまで対応できるよう、細いカメラから太いカメラまで合計7本、カメラを用意しています。NBIシステムという特殊な光により、一般的な胃カメラよりも胃がんや食道がんの早期発見にも役立ちます。異物の摘出や鼻の中の確認などにも使用します。
血液ガス分析装置で、血液の酸性・アルカリ性や体内の酸素の取り込み具合や二酸化炭素の排泄具合などを調べることができます。救急疾患や呼吸器疾患の状態把握に必須の医療機器です。
血液ガス分析装置で、血液の酸性・アルカリ性や体内の酸素の取り込み具合や二酸化炭素の排泄具合などを調べることができます。救急疾患や呼吸器疾患の状態把握に必須の医療機器です。